骨を強くする”ながら運動”🏃🏃

前回お話をしたように、丈夫な骨を作る為にはカルシウムを摂取する事が大切ですが、運動も同じくらい大切です。

身体を動かす事によって力が骨にかかると、
マイナスの弱い電気が骨に生じ、
その電気がカルシウムを呼び寄せる働きをします。

運動をする事で骨の血流が良くなり、
骨を作る細胞の働きを活発にします。
運動は強い骨を作る為に、重要な役割がある為、若い頃から運動をする習慣がなかった方は今後、骨が弱くなっていて骨折しやすくなっている可能性が高くなるので、
日頃から日常生活の中で身体を動かす習慣をつけるとよいでしょう。

運動と聞くと、筋トレやジョギングを思い浮かべて、私には出来ないと思っていませんか?

まずは、ウォーキングなど手軽に行える運動でも十分に効果が期待出来るので、
1日に30分程度、散歩などの軽い運動から始めてみるのもおススメです。

しかし、忙しくてウォーキングをする時間もない方もいらっしゃるのではないでしょうか??
そういう方は、家事をする時に動作をキビキビと、そして細々動くだけでも骨を強くすることが出来るので普段の家事をする時に、動きを大きく、少し大袈裟に動くだけでも効果があります。

普段エスカレーターや、エレベーターを使う事が多いなら階段に切り替えたり、
いつも降りる駅やバス停を、1つ前で降りて、歩いて帰るだけでも良いでしょう。

日常生活の中で、意識をして少し行動を変えるだけで骨の細胞を刺激する事が出来るので
、いつまでも若々しく健康でいられるように、まずは無理なく日常生活に取り入れやすい運動から始めてみましょう。

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。