あなたの睡眠時間は?

平成最後の新年を迎え、早いもので10日あまり。

お休み期間中は、寝だめをされた方も多いのではないでしょうか?

さて、今回は睡眠について少しお話ししたいと思います。

医学的には、1日の睡眠時間が7〜8時間の人がもっとも健康的で、

肥満も少ないと言われています。

6時間以下、もしくは9時間以上の人の方が肥満や生活習慣病になりやすい傾向があるそうです。

睡眠とは、1日フルパワーで活動をしてきた脳を休ませてあげる大切な時間で、この休養時間が少ないと脳は疲れてしまいます。

ホルモンの分泌も、自律神経のバランスも、脳の視床下部という部分が司令塔になっているので、睡眠時間が少なく疲労がたまっていくとうまく指令を出せなくなり、じわじわと体に様々な不調を引き起こします。

また、睡眠の質は加齢と共に悪くなる傾向があり、寝つきが悪くなり、眠りが浅くなったり、夜中に目が覚めてしまうという睡眠障害も現れてきます。
20代、30代で睡眠時間が少ない人は、今後年齢を重ねると共に睡眠時間は減っていくと考えられています。

あなたは今何歳ですか?
あなたは今何時間寝ていますか??
あなたは良質な睡眠時間がとれていますか?

今後、いつまでも若々しく健康でいられるように、今のうちに質の良い睡眠時間を取れるように、自分の生活環境や睡眠環境を見直してみましょう。

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。