肌老化の8割は紫外線が原因!?

紫外線とは。。。

地上に届き肌に影響をおよぼすのは

UV-AとUV-Bです。

主にUV-Aは真皮層に、UV-Bは表皮層にダメージを与えます。

紫外線は年間を通して降り注いでいます。

梅雨の時期は紫外線が少ないと思われがちですが

実は紫外線が多い時期なんです。

梅雨でも晴天と同じくらい紫外線が降り注いでいます☀️

梅雨に時期でも長時間外出する場合は、

✨PA・SPF✨

ともに強い日焼け止めを塗るのがオススメです。

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのが

UV-A

〈5月〜8月にかけてピーク〉

家の中(ガラスを通り抜け80%が届き、カーテン越しでも50%は届きます)

車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。

UVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなります。

※すぐには黒くならないのでUVAを浴びた実感がないので気づきにくいです。

❌肌に与える影響❌

・肌のハリがなくなる

・深いシワ

・たるみ

・弾力を支えるコラーゲンやエラスチンの減少

UV-B

〈4月頃から増え始め8月にピーク〉

屋外では日焼けの主な原因となるため

「レジャー紫外線」とも呼ばれます。

UV-Bを浴びると赤くなります。

❌肌に与える影響❌

・ターンオーバーのサイクルの乱れ(シミの原因に)

・バリア機能の低下

・水分保持力の低下

・乾燥

・小ジワ

紫外線によるダメージで肌環境が悪化すると

肌老化のスピードを一気に加速させてしまいます💦

夏の肌への悪影響は他にも…☠️☠️

紫外線に対する抵抗力をつけるため

肌の土台作りが大切です✨

⭐️夏のスキンケアはこちら⭐️

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です