マスクと熱中症について


最近、熊本でも新たに新型コロナウイルス感染のニュースを耳にする日が続き

より一層、感染対策を行いながら今年の夏を迎えることとなりますが、

例年以上に気をつけなければいけないのが、“マスクによる熱中症” です。


実際に街中でマスクを着用した時としていない時の顔の温度をサーモグラフィで測定すると、

マスクの口元の温度は3度も違い、着用時は温度が上がる結果となりました。


なぜ、夏場のマスクで熱中症に


マスクをしていると自分の呼吸によって温かい空気しか入ってこないため、

呼吸で身体を冷やすことが難しく、体温を上昇させてしまいます。


また、顔の半分ほどがマスクで覆われることによって熱がこもりやすくなります。

このように熱がこもりやすく発散しにくくなっているのに加え、

マスクによる加湿で口の渇きを感じにくくなるため、気付かないうちに脱水状態になっており

熱中症になるリスクが高まると考えられています。



新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための


✔️『新しい生活様式』における熱中症予防のポイント



1.暑さを避けましょう


○少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動する

○涼しい服装、日傘や帽子を着用にする

2.適宜マスクをはずしましょう


○屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずす

○マスクを着用している場合には、強い負荷のかかる作業や運動を避け、

周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとる

3.のどが渇いていなくてもこまめに水分補給しましょう


○のどが渇く前に水分補給

○1日あたり1.2ℓが目安(食事等に含まれる水分は除く)

4.日頃から健康管理をしましょう


○日頃から体温測定、健康チェック

○体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養

5.エアコン中もこまめに換気しましょう


○感染予防のため、冷房時でも換気扇や窓解放によって換気を確保しつつ、

エアコンの温度設定をこまめに調整する

6.暑さに備えた体作りをしましょう


○暑くなり始めの時期から適度に運動を

○水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

 


以上に気をつけながら、コロナウイルス感染予防と、熱中症対策をしっかり行い

今年の夏を過ごしましょう✨


カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です